電話
ライン
メール

建設業許可の申請

建設業許可の申請

特定建設業許可が必要な場合と技術者要件および財産的要件について

特定建設業許可が必要になる場合 特定建設業許可は、次の2つの条件を満たした場合に必要になります。 元請として 下請に4,000万円以上の工事を発注する場合、建築一式工事の場合では、6,000万円以上の工事を発注する場合です。 特定建設業許可...
建設業許可の申請

建設業許可申請の建設業法第6条規定の工事経歴書について

建設業許可がないと500万円以上の工事を受注できません。建設業許可を取得するためには、工事経歴書という書類が必要になります。 工事経歴書とは 工事経歴書とは、建設業法第6条を基にしているのですが、建設業許可を取得するために添付しなければなら...
建設業許可の申請

建設業許可の変更届について決算変更届は毎年必要

建設業許可を取得している場合、さまざまな変更届があります。その中で、決算変更届は、建設業許可を取得している事業者が、毎年監督官庁への提出が義務づけられている提出物です。決算変更届という名前ですが、変更があった場合に提出するものではなく、毎年...
建設業許可の申請

建設業許可の新規申請や般特新規申請および許可換え新規申請などについて

建設業許可は、5年ごとに更新を受けなければなりません。更新申請は、有効期間満了の日の90日前から30日前までにする必要があります。建設業許可を取得するまでの期間は、1~4ヶ月くらいかかります。 建設業許可の新規申請や般特新規申請および許可換...
建設業許可の申請

建設業許可で業種追加申請する場合は専任技術者が重要です

業種追加申請とは 業種追加申請とは、現在持っている許可業種に、新しく許可業種を増やしたり、追加する申請のことです。 内装工事業の許可を持っている建設業者が、塗装工事の許可を取得する場合、大工工事業の許可を持つ建設業者が、屋根工事の許可を取得...
建設業許可の申請

建設業許可の実務経験の証明について請求書と通帳

建設業許可においては、請求書と通帳には重要な役割があります。 契約を締結して、受注する工事や注文書や請書がある場合は問題ないのですが、そのようなものがない場合には、工事を請け負ったことを証明できるのは、会社で発行する請求書と入金が記載された...
建設業許可の申請

経営業務管理責任者と専任技術者の常勤性の証明について

建設業許可を取得するには、経営業務管理責任者(経管)と専任技術者(専技)が会社に常勤している必要があります。 常勤とは、「休日その他、勤務を要しない日を除いて、一定の計画のもとに毎日、所定の時間中、その職務に従事していること」です。 一般的...
建設業許可の申請

建設業許可を取得する時の要件について財産的要件と営業所要件

財産的要件 建設業許可を取得するのに必要な財産的要件は、自己資本が500万円以上となっています。 自己資本とは、法人の場合であれば、貸借対照表「純資産の部」の「純資産合計の額」のことです。 個人事業主の場合であれば、「首期資本金、事業主借勘...
建設業許可の申請

専任技術者について解説し専任技術者が不在の場合についても

専任技術者とは 専任技術者とは、営業所に常勤して、建設業に従事する者のことです。会社に常勤する建設業部門の専門の技術者です。この専任技術者は建設業許可を取得する時の要件となります。 専任技術者の要件を満たす者が、会社に常勤していなければ、そ...
建設業許可の申請

許可要件や経営事項審査など建設業許可のポイント

建設業の許可要件 建設業の許可を取得するためには、建設業許可の要件の理解が重要です。 経営業務管理責任者 経営管理責任者(経管)とは、会社が安定経営できるように経営体制を整えて、営業取引上の対外的な責任を負う役割を担う者になります。 経営判...
建設業許可の申請

建設業許可の業種を追加する事例と追加の手続きについて

建設業許可の業種を追加する事例 許可業種以外の工事を請け負う場合 建設業許可は、許可を受けた業種の工事しか請け負うことができません。許可業種以外の工事を請け負う場合には、業種追加の許可申請が必要になります。 建築工事の許可を受けている会社が...
建設業許可の申請

一般建設業許可を特定建設業許可に変更する般特新規申請について

一般建設業許可と特定建設業許可 一般建設業許可を所持する建設業者で、より金額の大きい工事を請け負いたい場合に特定建設業許可が必要になるケースがあります。 変更ではなく、新規で申請となります。特定から一般に変更したい場合には、新規の一般建設業...
建設業許可の申請

建設業許可を建設業法第7条の要件で10年以上の実務経験で取得する方法について

建設業許可を取得しようとするためには、建設業法第7条の許可要件を満たさなければなりません。 許可要件には、建設業法第7条第2号、第15条第2号の専任技術者の設置があります。 専任技術者とは、建設工事の契約と工事などの許可を受けようとする場合...
建設業許可の申請

電気通信工事と電気工事の建設業許可をいっしょに取得する

電気工事だけ、電気通信工事だけという工事は理論的には成り立ちますが、現実の現場では、なかなか区分けがむずかしく、実際には両方の資格が必要になるようです。 会社の仕事をすすめる上で電気工事と電気通信工事の両方を行うので、両方の許可を取得したい...
建設業許可の申請

経営業務管理責任者について解説し経管がいない場合についても

経営業務管理責任者とは 経営業務管理責任者とは、営業取引上や社外的に責任のある地位にあって、建設業の経営業務について、総合的に管理や執行する者のことです。その会社の建設業部門における最高責任者のことになります。 経営管理責任者(経管)とは、...
建設業許可の申請

建設業許可について専任技術者の交替が伴う場合

建設業許可取得の要件としては、専任技術者は営業所などに常勤していなければなりません。 専任技術者の常勤は、建設業許可を取得する時には必ず必要ですが、建設業許可を継続させるためにも必要な要件となっています。 専任技術者が退職などして、その後に...
建設業許可の申請

建設業許可の一般建設業許可を特定建設業許可に変更する

一般建設業許可を取得してから、次に特定建設業許可を取得するのが一般的なようです。一般許可を特定許可に変更する場合、重要な要件として技術者の要件と財産的要件があります。 特定建設業許可取得の手続き 特定建設業許可を取得するための具体的な手続き...
建設業許可の申請

建設業許可取得の際の経営業務管理責任者の要件について

建設業法の許可制度 建設業法の許可制度の要件は次の4つから構成されています。 経営の安定性 1.経営能力(経営業務管理責任者) 建設業は注文生産で、一つの受注ごとに資金調達、資材購入、技術者や労働者の配置、下請負人選定、下請契約行っており、...
建設業許可の申請

決算期を早めて特定建設業許可を取得する

特定建設業許可を取得するための財産的要件 一般建設業許可は、500万円以上の残高があることが確認できれば問題ありませんが、特定建設業許可の場合は、貸借対照表を確認することになります。 特定建設業許可の財産的要件は次のとおりです。 資本金が2...
建設業許可の申請

建設業許可での経営業務管理責任者の変更について

建設業許可の経営業務管理責任者について 建設業法における許可制度の要件は、建設業許可制度の経営の安定性を目的として、次の4点から構成されています。 経営能力(経営業務管理責任者) 建設業は一品ごとの注文生産で、工事受注ごとに工事の内容に応じ...
建設業許可の申請

特定建設業許可を取得するための財産的要件の証明について

建設業許可を取得するためには、財産的基礎要件を満たしていることが必要になります。 財産的基礎要件は、取得する建設業許可が一般建設業か特定建設業のどちらかによって、要件が異なります。 特定建設業許可の財産的要件とは 特定建設業許可を取得するた...
建設業許可の申請

経営業務管理責任者の経歴6年以上で工事の建設業許可を取得する

経営業務管理責任者の経歴年6以上で、現在、(本業の)仕事でしている工事以外の工事の建設業許可を取得します。 経営業務管理責任者 建設業許可の経営業務管理責任者とは、建設業の経営業務を行う責任者のことです。 経営業務管理責任者となるには、次の...
建設業許可の申請

一級建築施工管理技士の資格で特定建設業許可を取得する

建設業の特定と一般の違い 特定建設業と一般建設業との違いは、下請けに出す建設業者が、発注者から直接工事を請負っている元請であるかどうかということになります。 発注者から注文を受けて、自ら施工する場合は、一般か特定のどちらでも問題ありません。...
建設業許可の申請

建設業許可取得後の各種変更届の提出について

建設業の許可を取得した後には、各種変更届の提出が義務付けられています。 会社の基本的な事項に変更があった場合には、都道府県別で許可行政庁に変更届を提出しなければなりません。 各種変更届 建設業許可取得後の各種変更届は、大きく分けて「変更届」...
建設業許可の申請

建設業許可を取得する場合の営業所の許可要件

営業所とは 建設業許可を取得する場合の営業所の定義は、建設業法第3条に規定されています。 営業所とは、本店または支店、もしくは常時建設工事の請負契約の見積、入札、契約の締結を行う事務所など、建設業の営業に実質的に関与するものをいいます。 具...
建設業許可の申請

10年以上の実務経験で専任技術者を設置して建設業許可を取得する

建設業許可の要件は、建設業法の第7条に規定する4つの許可要件を備えていることと8条に規定する欠格要件に該当しないことが必要です。 専任技術者の要件には、指定学科などの学歴がない場合は、10年の実務経験を証明する必要があります。 建設業の許可...
建設業許可の申請

建設業法における建設業許可を一般の許可から特定の許可に変更する

特定建設業許可とは 特定建設業許可とは、発注者から直接請負った1件の工事について下請代金の額が4,000万円、建築一式工事の場合は6,000万円以上となる建設工事を施工する場合に必要となる許可です。 特定建設業許可が必要な場合は、元請けとし...
建設業許可の申請

常勤役員など経営業務管理責任者と専任技術者の常勤性の確認資料

建設業許可の重要な要件である常勤役員などの経営業務管理責任者と専任技術者の常勤性の確認資料について、まず常勤役員等の要件は次のとおりです。 2020年10月の建設業法改正により、経営業務管理責任者の要件が、常勤役員等の要件に変更になって、必...
建設業許可の申請

建設業の行政処分の許可取り消しと営業停止とその処分内容について

建設業を営む場合には、建設業許可が必要です。建設業許可がなくても、限られた小規模な工事を引き受けることはできますが、広く仕事を受注するには建設業許可はほぼ必要です。 しかし、その建設業許可は、許可の取り消しや剥奪があり得ます。さらに、建設業...
建設業許可の申請

建設業許可の要件である専任技術者の資格について

国家資格を持っていないと専任技術者になることができないというわけではありません。 施工管理技士や建築士の資格があれば、専任技術者になることができて、建設業許可を取得しやすくなりますが、資格がないということで建設業許可を取得できないというわけ...
建設業許可の申請

工事実績なくても建設業許可を取得できる方法のご紹介

工事の経験や工事を施工したことがなくても、許可要件さえ満たせば、建設業許可を取得することはできます。 建設業許可を取得するには、経営業務管理責任者と専任技術者が必要ですから、別の会社、知り合いの会社など、どこからかスカウトでもして、お連れし...
建設業許可の申請

専任技術者として二級施工管理技士の資格で建設業許可を取得する

建設業の許可を受けるためには、法第7条に規定する許可要件と同法8条に規定する欠格要件に該当しないことが必要です。 経営業務の管理責任者等の設置(建設業法施行規則第7条第1号)と専任技術者の設置(建設業法第7条第2号、同法第15条第2号)の要...
建設業許可の申請

不動産業者の建設業許可である一般建設業と特定建設業の許可の取得

不動産会社の建設業許可取得について 建設工事をしていない不動産会社でも、建設業許可を取ることは可能です。 建設業法では、建設業を営むためには、建設業許可を受ける必要があるとされています。 不動産会社であっても建設工事を外注する可能性を考えて...
建設業許可の申請

建設業許可に際し経営業務管理責任者の要件を満たさない場合の対処方法

経営業務管理責任者の要件 建設業の許可を取得する場合に、問題となることが多いのは経営業務管理責任者の要件です。 建設業許可を取得するには経営業務管理責任者の要件を満たす必要がありますが要件は原則次のとおりです。 建設業に係る経営業務の管理責...
建設業許可の申請

建設業許可更新手続きと役員変更届と経営業務管理責任者や専任技術者と兼務

建設業の更新手続きと役員等の変更届は、どちらも建設業許可に関連する手続きですが、その目的とタイミングが異なっています。 建設業許可の更新手続き 建設業許可の更新手続きは、建設業許可の有効期間である5年間が満了する前に、許可行政庁に許可の更新...
建設業許可の申請

建設業の許可要件である経営業務管理責任者と専任技術者の兼務や出向について

建設業の許可要件 経営業務の管理責任者 建設業の許可を受けるには、建設業法第7条に規定する4つの「許可要件」を備えていることと同法8条の「欠格要件」に該当しないことが必要です。 適正な建設業の経営のためには、建設業の経営業務について一定期間...
建設業許可の申請

建設業の許可の許可の区分、大臣許可と知事許可について

建設業の許可 建設工事を請け負う営業をするには、その工事が公共工事であるのか民間工事であるかを問わず、建設業法第3条に基づいて建設業の許可を受けなければなりません。 ただし、軽微な建設工事のみを請け負って営業する場合は、必ずしも建設業の許可...
建設業許可の申請

建設業許可の新規申請、更新申請、業種追加申請の違い

建設業許可の申請書には、申請区分の欄があって、区分に該当する数字を記入することになっています。その許可申請の区分は次のとおりです。 新規申請 有効な許可をどこの許可行政庁からも受けていない者が、許可を申請する場合です。 一番スタンダードな申...
建設業許可の申請

建設業許可の特定建設業許可と一般建設業許可について、契約金額など

建設業の許可は、一般建設業と特定建設業に区分されています。 この違いは何かというと、「発注者から直接請け負った際(いわゆる元請)に、下請に発注できる金額に制限があるかないか」です。 請負金額自体には、建設業許可があるかないかの時のような違い...
建設業許可の申請

建設業許可の許可業種を追加する場合の専任技術者の要件について

建設業許可業者で工事施工を行えるのは、原則として許可を受けている業種のみになります。ただし、軽微な工事や付帯的な工事であれば施工は可能です。 現在許可を受けている業種以外の工事をする場合は、業種追加の手続きを行うことが必要になります。 業種...
建設業許可の申請

建設業許可制度における経営業務管理責任者要件

建設業許可制度の経営業務管理責任者要件について 建設業法の建設業許可の要件の1つとして、建設業の経営に関する一定の経験を有する者が、1名以上で常勤役員などにあることとなっており、経営業務管理責任者要件となっています。 経営業務管理責任者要件...
建設業許可の申請

建設業許可制度の建設業法に基づく専任技術者の要件について

許可を取得するには、専任技術者が常勤していることが必要です。 資格がなければ10年の実務経験を証明することになります。 建設業許可の要件 建設業の許可を受けるには、法第7条に規定する4つの許可要件を備えていることと同法8条の欠格要件に該当し...
建設業許可の申請

都道府県間で請け負うために建設業法第3条の国土交通大臣許可を取得する

建設業の許可 建設工事の請け負いには、工事が公共工事であるか民間工事であるかにかかわらず、建設業法第3条に基づき建設業の許可を受けることになります。 「軽微な建設工事」のみを請け負う場合であれば、建設業の許可を受けなくてもよいとされています...
建設業許可の申請

特定建設業許可と般特新規申請について要件など詳しく解説

特定建設業許について 「建設業の許可」とは 一般建設業許可 建設業の許可を取りたい場合で、一般的に建設業の許可とは、一般建設業許可のことになっています。建設業許可という場合は、一般建設業許可のことです。 一般建設業許可がない場合では500万...
建設業許可の申請

建設業許可制度における経営業務管理責任者の要件について

経営業務管理責任者を認定してもらうことは、建設業許可の取得で重要です。 建設業許可制度においては、建設業の経営業務を適正に管理するために常勤役員などのうち、一人以上を経営業務管理責任者に置くことが定められています。 建設業許可制度における経...
建設業許可の申請

建設業法における経営業務管理責任者の常勤性や経験の証明について

建設業は、個別の受注施工などが多くて請負業者が長期間瑕疵担保責任を負うという特徴があります。 建設業の適正な経営を確保するために、経営業務管理責任者を配置することが建設業法において建設業許可の要件となっています。 建設業法における経営業務管...
MaxMind によって作成された GeoLite2 データが含まれています。