電話
ライン
メール

ホームぺージ

行政書士によるコラム

  • 経営事項審査の手続きについて経営状況分析は専門機関で実施
    経営事項資格審査(経審)とは、公共工事を請け負おうとする建設業者が受けなければならない審査のひとつです。 公共工事などの競争入札に参加する建設業者についての資格審査を行うようになっており、発注機関は客観的事項と主観的事項 […]
  • 経営事項審査の概要について総合評定値P点も解説
    目次 経営事項審査とは経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書総合評定値P点総合評定値P点の算出方法総合評定値P点をあげる方法総合評定値P点の有効期間対象となる公共工事とは 経営事項審査とは 経営事項審査は、公共工事を […]

建設業の申請と更新

  • 特定建設業許可が必要な場合と技術者要件および財産的要件について
    目次 特定建設業許可が必要になる場合特定建設業許可の技術者要件特定建設業許可の財産的要件特定建設業の資本金要件 特定建設業許可が必要になる場合 特定建設業許可は、次の2つの条件を満たした場合に必要になります。 元請として […]
  • 建設業許可申請の建設業法第6条規定の工事経歴書について
    建設業許可がないと500万円以上の工事を受注できません。建設業許可を取得するためには、工事経歴書という書類が必要になります。 目次 工事経歴書とは工事経歴書の書き方工事経歴書の提出時期 工事経歴書とは 工事経歴書とは、建 […]
  • 建設業許可の変更届について決算変更届は毎年必要
    建設業許可を取得している場合、さまざまな変更届があります。その中で、決算変更届は、建設業許可を取得している事業者が、毎年監督官庁への提出が義務づけられている提出物です。決算変更届という名前ですが、変更があった場合に提出す […]
  • 建設業許可の更新申請と経営業務管理責任者と専任技術者について
    建設業許可の有効期間は、5年です。建設業許可の有効期間は、許可取得日から5年後の前日までとなります。 5年ごとに建設業許可を更新しなければ、許可を維持することができませんので注意が必要です。 建設業許可の更新は、現在所持 […]
  • 建設業許可で業種追加申請する場合は専任技術者が重要です
    目次 業種追加申請とは専任技術者が重要な役割を果たす業種追加の業種の追加種類について 業種追加申請とは 業種追加申請とは、現在持っている許可業種に、新しく許可業種を増やしたり、追加する申請のことです。 内装工事業の許可を […]
  • 建設業許可の新規申請や般特新規申請および許可換え新規申請などについて
    建設業許可は、5年ごとに更新を受けなければなりません。更新申請は、有効期間満了の日の90日前から30日前までにする必要があります。建設業許可を取得するまでの期間は、1~4ヶ月くらいかかります。 建設業許可の新規申請や般特 […]

経営事項審査

  • 経営事項審査の手続きについて経営状況分析は専門機関で実施
    経営事項資格審査(経審)とは、公共工事を請け負おうとする建設業者が受けなければならない審査のひとつです。 公共工事などの競争入札に参加する建設業者についての資格審査を行うようになっており、発注機関は客観的事項と主観的事項 […]
  • 経営事項審査の概要について総合評定値P点も解説
    目次 経営事項審査とは経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書総合評定値P点総合評定値P点の算出方法総合評定値P点をあげる方法総合評定値P点の有効期間対象となる公共工事とは 経営事項審査とは 経営事項審査は、公共工事を […]
  • 建設業許可申請における経営事項審査の工事経歴書の書き方について
    目次 経営事項審査とは経営事項審査の工事経歴書とは経営事項審査用の工事経歴書の書き方 経営事項審査とは 経営事項審査とは、公共工事を発注者から直接請け負う場合に建設業者が受けなければならない審査のことです。 公共工事の発 […]
  • 経営事項審査を受けて公共工事の競争入札に参加しよう
    目次 経営事項項審査とは建設業の許可が必要審査項目を把握する経営事項審査の有効期間公共工事の競争入札に参加経営事項審査の申請期限決算期の確認経営状況分析の申請審査基準日を事前に確認する審査資料の準備を早めに行う審査資料の […]
  • 決算期を変更した場合の経営事項審査申請について
    決算期を変更した場合の経営事項審査の申請は、従来の経営事項審査とは手続きが異なっています。 決算期の変更を行うことにより、建設会社には特殊な経営事項審査を受審することが必要になります。 一般的な経営事項審査は、直近の決算 […]
  • 建設業決算報告である決算変更届と建設業許可および経営事項審査の関係
    建設業許可業者には、毎事業年度終了後4カ月以内に決算報告、建設業用に決算変更届を提出することが義務となっています。 目次 決算報告、決算変更届の提出とは決算変更届を提出しない場合 決算報告、決算変更届の提出とは 建設業許 […]

建設業許可29業種

  • 建具工事業で建設業許可を取得するための必要な条件や資格
    建設業許可には取得対象の業種が29業種があり、今回はその中の「建具工事業」について徹底的に詳しく解説していきます。 この記事を読めば、建具工事業で静岡県の建設業許可を取得するために必要な条件、資格、業種の内容について詳し […]
  • 建設業許可の種類ごとの登録数を比較しました
    とび・土工建築土木舖装管鋼構造物水道施設内装仕上大工石塗装しゅんせつ屋根タイル・れんが・ブロック防水建具板金左官造園機械器具設置ガラス鉄筋熱絶緣電気通信消防施設さく井清掃施設 参考:建設業許可業者数調査の結果について(h […]
  • 建設工事の「内装仕上工事」を具体的に説明
    建設工事において、内装仕上工事は非常に重要な工程です。内装仕上工事とは、建物の内部空間を美しく仕上げるための工事のことを指します。具体的には、壁や床の塗装やクロス貼り、天井の施工、床材の張り替えなどが含まれます。これらの […]
  • 電気通信工事業の建設業許可取得について重要なポイントを解説
    目次 電気工事業と電気通信工事業電気通信工事業の実務経験の証明 電気工事業と電気通信工事業 現実には電気工事と電気通信工事は、片方だけよりも密接に関係しているため、電気工事と電気通信とを区別できないことのほうが多い。 電 […]
  • 建設工事の「防水工事」を具体的に説明
    建設工事の中で、防水工事は非常に重要な役割を果たしています。防水工事は、建物や構造物を水から守るための工事のことであり、建設プロセスの中で欠かせない要素です。 防水工事の具体的な手法としては、さまざまな方法があります。例 […]
  • 建設工事の「塗装工事」を具体的に説明
    建設工事において、塗装工事は非常に重要な役割を果たしています。建物や構造物の外観を美しく保ち、さらには耐久性や防水性を高める役割があります。塗装工事は、建物の寿命を延ばすために欠かせない作業と言えます。 まず、塗装工事の […]

起業支援・融資・補助金

  • 建設業を開業するために融資を受けよう!
    建設業では、工事費用を先行して支払うことが多く、入金前に手元の資金が枯渇してしまうケースが考えられます。これは多くの建設業者が直面する問題であり、適切な資金調達方法が必要です。本記事では、建設業で運転資金の融資を受けるた […]
  • 建設業許可取得と建築士事務所の登録をいっしょにしてしまう
    建設業許可と建築士事務所の同時登録は、別の法律に基づく手続きですが、同時に取得することもできます。 建設業許可と建築士事務所の登録では、それぞれ異なる要件があります。 建設業許可の要件は、経営業務管理責任者の設置、専任技 […]
  • 建設業の独立開業するために必要な知識の備え
    建設業で独立する際は、開業資金や事務所の準備はもちろん、経営形態や建設業の許可取得などの知識を備えておくことが重要です。 目次 経営形態を決める建設業の許可を取得するか決める開業資金の準備 経営形態を決める 建設業で独立 […]
  • 常勤役員等(経営業務管理責任者)の要件を満たす人が自社にいない場合は外部から取締役になってもらうことを検討
    建設業許可関係において、常勤役員等(経営業務管理責任者)の要件で自社にいない場合は、外部から取締役になってもらうことができます。 この要件を満たす外部の人を常勤役員等(経営業務管理責任者)として採用すれば、建設業許可の要 […]
  • 建設業におけるプロパー融資
    プロパー融資とは、企業が自己資金を調達するための方法の一つです。具体的には、企業が銀行や金融機関から融資を受けることを指します。この方法は、企業が事業拡大や新たなプロジェクトを実施するために必要な資金を確保するために利用 […]
  • 建設業におけるファクタリングサービス
    ファクタリングサービスは、現在のビジネス環境で重要な役割を果たしています。ファクタリングは、企業が売掛金を早期に現金化するための手段です。このサービスは、特に中小企業にとって非常に有益です。 ファクタリングサービスの主な […]
MaxMind によって作成された GeoLite2 データが含まれています。